fund_beginer fund_search fund_look



日経平均は100円程度高、値上がり率上位にUMCエレ、オカダアイヨン、レノバなど

2018-05-17 09:49:00.0

 17日午前9時45分すぎの日経平均株価は、前日比100円程度高い2万2820円前後で推移。朝方は、現地16日の米国株式が反発した動きを受けて買いが先行。午前9時04分には、同122円06銭高の2万2839円29銭の高値を付ける場面もみられた。その後は、手掛かり材料難もあり、やや上値が重い展開となっている。為替市場では、ドル・円が1ドル=110円30銭台と、16日終値(110円16−18銭)から、やや円安方向にある。

午前9時45分すぎの値上がり率上位銘柄(東証1部)
・UMCエレ<6615>
・オカダアイヨン<6294>
・レノバ<9519>
・クロスマーケ<3675>
・エラン<6099>

午前9時45分すぎの値下がり率上位銘柄(東証1部)
・物語コーポ<3097>
・日東工<6651>
・パーソルHD<2181>
・ペッパー<3053>
・ソネック<1768>

提供:モーニングスター社

今、見られている記事