youtube fund_beginer fund_search fund_look



日経平均は147円高、構成銘柄では昭シェル、武田薬、東急などが値上がり率上位

2018/06/12 10:59

(06/03 15:00) 現在値
SUMCO 1,656 -5
武田薬品工業 4,133 -26
昭和シェル石油 - -
三井金属鉱業 2,379 +42
千代田化工建設 295 +18

 12日午前10時55分時点の日経平均株価は前日比147円93銭高の2万2951円97銭。朝方は、きょう(日本時間午前10時から)の米朝首脳会談が朝鮮半島情勢の安定化につながるとの期待感から買い優勢で始まった。11日の欧米株高や円安歩調も支えとなり、一時2万3011円57銭(前日比207円53銭高)まで上昇した。一巡後は、米朝会談を見極めたいとして、持高調整目的の利益確定売りに押され、小幅安に転じる場面もあった。その後は買い気が戻り、持ち直しの動きとなっている。

 日経平均構成銘柄では、昭シェル<5002>、武田薬<4502>、東急<9005>などが値上がり率上位。半面、SUMCO<3436>、千代化建<6366>、三井金属<5706>などが値下がり率上位。

提供:モーニングスター社