fund_beginer fund_search fund_look

国内市況ニュース



日経平均は187円安と6日ぶり反落、利益確定売りや円高などが重し=18日後場

2019/04/18 15:21

(08/23 15:00) 現在値
日本水産 611 +1
マルハニチロ 2,706 +24
大林組 973 +10
大和ハウス工業 3,295 +25
いちご 413 +6

 18日の日経平均株価は、前日比187円85銭安の2万2090円12銭と6日ぶりに反落して取引を終了した。現地17日の米国株式は、NYダウ、ナスダック総合指数がともに小反落。シカゴ日経平均先物の清算値は17日の大阪終値比5円安の2万2265円だった。手掛かり材料に乏しいなか、朝方から売りが先行。一時プラス転換する場面もみられたが、利益確定売りの動きが強まり下げ幅を広げた。為替市場は、ドル・円が1ドル=111円90銭近辺(17日終値は112円01−02銭)で、円高方向に動いたことも重しとなり、午後2時56分には同219円58銭安の2万2058円39銭の安値を付ける場面もみられた。東証1部の出来高は11億8826万株、売買代金は2兆2288億円。騰落銘柄数は値上がり192銘柄、値下がり1907銘柄、変わらず42銘柄だった。

 市場では「タイミング待ちだった利益確定の売りが出た。一方、貸借取引で1日あたり1株につき1.2円の逆日歩がついたファーストリテ<9983>には買戻しの動きが出て、逆行高を演じたようだ」(中堅証券)との声が聞かれた。

 業種別では、武田薬<4502>、アステラス薬<4503>などの医薬品株や、ニコン<7731>、HOYA<7741>などの精密機器株が下落。王子HD<3861>や日本紙<3863>などのパルプ紙株や、SUMCO<3436>、LIXILG<5938>などの金属製品株も安い。日水<1332>、マルハニチロ<1333>などの水産農林株や、大林組<1802>、大和ハウス<1925>などの建設株も軟調。帝人<3401>、東レ<3402>などの繊維株や、大日印<7912>、任天堂<7974>などのその他製品株も下げた。東証業種別指数は、30業種が下落、3業種が上昇している。

 個別では、ベクトル<6058>、パイプドHD<3919>、メガチップス<6875>、いちご<2337>、前田工繊<7821>などが下落。半面、JVCKW<6632>、TBASE<3415>、八洲電機<3153>、ウエルシアH<3141>、日亜鋼<5658>などは上昇した。

提供:モーニングスター社

今、見られている記事