fund_beginer fund_search fund_look

国内市況ニュース



日経平均は151円安、マイナス寄与度上位はファナック、アドバンテスト、東エレクなど

2019/04/26 13:33

 26日午後1時30分時点の日経平均株価は、前日比151円21銭安の2万2156円37銭。後場は、前場終値2万2155円24銭(前日比152円34銭安)近辺でもみ合い商状。昼休みの時間帯に中国・上海総合指数が軟調に推移したこともあり、弱含んで始まったが、その後は底堅い。10連休を前に手控え気分が強いなか、日銀のETF(上場投資信託)買い期待が支えとなっている。ただ、上値も重く小幅な値動きにとどまっている。

 日経平均株価に対するマイナス寄与度上位はファナック<6954>、アドバンテスト<6857>、東エレク<8035>など。プラス寄与度上位は京セラ<6971>、第一三共<4568>、ダイキン<6367>など。

提供:モーニングスター社

今、見られている記事