fund_beginer fund_search fund_look

国内市況ニュース



日経平均は108円安、売買代金上位は任天堂、ZOZO、アンリツなど

2019/04/26 14:18

(08/21 10:14) 現在値
ZOZO 2,152 -49
エー・ディー・ワークス 33 -
ヤフー 270 -3
アンリツ 1,964 -18
任天堂 39,820 -190

 26日午後2時15分時点の日経平均株価は、前日比108円85銭安の2万2198円73銭。後場は、昼休みの時間帯に中国・上海総合指数が軟調に推移したこともあり、弱含んで始まったが、その後は日銀のETF(上場投資信託)買い期待を支えに底堅く、徐々に下げ渋っている。

 午後2時15分時点で、東証1部の騰落銘柄数は値上がり640、値下がり1392。東証業種別株価指数では全33業種中、値下がりは28業種。値下がり率上位3業種は、非鉄金属、石油石炭製品、金属製品。値上がり率上位3業種は、精密、海運、医薬品。

午後2時10分ごろの出来高上位銘柄
・ADワークス<3250>
・みずほ<8411>
・ヤフー<4689>
・ZOZO<3092>
・三菱UFJ<8306>

午後2時10分ごろの売買代金上位銘柄
・任天堂<7974>
・ZOZO<3092>
・アンリツ<6754>
・ソフバンG<9984>
・ファーストリテ<9983>

提供:モーニングスター社

今、見られている記事