fund_beginer fund_search fund_look



カルビー、もちあい上放れ期待、為替リスク織り込み、好調な海外事業を評価局面

2019/08/16 16:13

(09/18 15:00) 現在値
カルビー 3,380 -10

 カルビー<2229>が反発し、もちあい上放れ期待の動き。

 国内は、「ポテトチップス」や「かっぱえびせん」などのロングセラー製品を軸に拡販。海外は、09年にペプシコと資本提携以降、展開を加速させている。20年3月期第1四半期(4−6月)の連結業績は、営業利益が前年同期比11.7%増の64億4800万円、経常利益が同2.6%減の60億6900万円だった。国内は値上げ効果が浸透し、海外は北米や中国で売り上げを伸ばした。ただ、営業外で前年同期に計上した為替差益がなくなる一方、今期は為替差損が生じ減益となった。

 通期予想は、営業利益が前期比0.1%増の270億円、経常利益が同3.4%減の265億円を見込む。国内では物流費などが重荷となるが、海外での拡販効果に加え、8年に買収した英国のスナック会社が通年で寄与する。

 中期的には、新ラインが稼働したインドネアなど東南アジアでの成長を取り込み、業績の拡大に期待される。

 15日終値は、前日比25円高の3115円。
提供:モーニングスター社

今、見られている記事