fund_beginer fund_search fund_look



<新興国eye>トルコ6月失業率は13%に上昇

2019/09/18 11:27

 トルコ統計局が16日発表した6月失業率(季節調整前)は13.0%と5月の12.8%を上回り、4カ月ぶりに悪化した。同国の失業率は1月と2月の14.7%、3月の14.3%から低下傾向にあった。

 このうち、非農業部門の失業率は15.3%となった。

 年代別では15−64歳が13.3%となったが、このうちの15−24歳の若年層は24.8%と突出している。

 また、失業者数(15歳以上)は前年比93万8000人増の425万3000人となった。一方、雇用者数は同80万2000人減の2851万2000人となり、雇用率は同2ポイント低下の46.4%となった。

 セクター別の雇用者数はサービス業が全体の55.7%と大多数を占め、次いで製造業の19.7%、農業の18.9%、建設業の5.7%となった。

 労働市場参加率は前年比0.5ポイント低下の53.3%だった。

 他方、季節調整後の失業率は全体で13.9%と5月の過去最高となった14%を下回り、18年2月から始まった1年3カ月連続上昇がストップした。失業率の上昇は5月の通貨リラが主要通貨に対し30%急落したことによる金融危機が主な要因となっている。

<関連銘柄>
 iS新興国<1362>、上場MSエマ<1681>
提供:モーニングスター社