fund_beginer fund_search fund_look



日経平均は51円安、再度マイナス圏入りし前場安値を下回る=18日後場

2019/09/18 12:49

(10/18 15:00) 現在値
国際石油開発帝石 955.2 +5.1
ニチレイ 2,461 -
ジェイエフイーホールディングス 1,307 +5.5
フジクラ 452 +6
富士通 8,734 -63

 18日午後零時45分時点の日経平均株価は、前日比51円83銭安の2万1949円49銭。後場は、弱含んで始まり、再度マイナス圏入り。前場安値2万1962円73銭(前日比38円59銭安)を下回り、さえない展開となっている。昼休みの時間帯の東京外国為替市場では、円が1ドル=108円20銭台(前日終値は108円12銭−13銭)で小動きだった。

 日経平均構成銘柄では、川崎汽<9107>、ニチレイ<2871>、富士通<6702>などが値上がり率上位。半面、フジクラ<5803>、JFE<5411>、国際帝石<1605>などが値下がり率上位。午後零時45分現在、東証1部の出来高は6億4343万株、売買代金は1兆1717億円。

提供:モーニングスター社