youtube fund_beginer fund_search fund_look



<新興国eye>ベトナム5月日経製造業PMI、6カ月ぶり上昇

2020/06/03 14:56

 日本経済新聞社および英マークイット・エコノミクスが発表したベトナム5月日経製造業PMI(購買担当者景気指数)は前月比で10ポイント上昇の42.7で、6カ月ぶりに上昇した。

 ベトナムの製造業PMIは、19年8月から3カ月連続で低下し、11月は上昇、12月と20年1月は再び低下したが、50以上を維持していた。2月から50を割った。

 新型コロナウイルス感染症(COVID−19)によるサプライチェーンの混乱を受け、生産量や新規受注、雇用、生産向け原材料の購買活動はいずれも引き続き減少した。海外からの受注数の伸びも減速している。

 購買活動が減少したことで、原料在庫と完成品在庫はいずれも減った。

 また、石油価格の下落で、生産コストは2カ月連続で減少した。これにより、メーカー各社は販売価格を引き続き引き下げた。

 マークイットの専門家は「ベトナムでは新型コロナウイルス感染症が収束していることを踏まえ、今後、ベトナムのPMIは引き続き改善する見通しだ」とコメントした。

【筆者:Viet Economic Research&Advisory Corp.(VERAC)】
2002年ベトナム・ホーチミン市で創業。「ベトナム株・経済情報」「VIETJOベトナムニュース」、「VIETJOライフ」の自社媒体を通じ、経済、金融情報を中心に毎日数十本のベトナム関連記事を配信する。業界で唯一、全上場企業約760社の日本語企業データベースを保有。また調査可能な非上場企業のユニバースは70万社を誇る。10年超にわたり蓄積した情報とネットワークを駆使した企業信用調査に強み。

*当該記事は外部執筆者により作成されたものです。記事は執筆者が信頼できると判断したデータなどにより作成いたしましたが、その正確性などについて保証するものではありません。

提供:モーニングスター社