youtube fund_beginer fund_search fund_look

全ニュース一覧



日経平均は288円高と大幅に3日続伸、欧米株高で買い先行、一巡後は上げ幅縮小=3日後場

2020/06/03 15:16

 3日後場の日経平均株価は前日比288円15銭高の2万2613円76銭と大幅に3日続伸。朝方は、2日の欧米株高を受け、買いが先行した。円安・ドル高も支えとなり、前場の早い段階で一時2万2818円87銭(前日比493円26銭高)まで上伸した。一巡後は、直近連騰で短期的な過熱感もあり、利益確定売りに上げ幅を縮小し、後場終盤には一時2万2462円68銭(前日比137円07銭高)まで押し戻された。その後切り返したが、戻りは限定され、大引けにかけて2万2600円台で推移した。

 東証1部の出来高は15億5248万株、売買代金は2兆7736億円。騰落銘柄数は値上がり1177銘柄、値下がり896銘柄、変わらず96銘柄。

 市場からは「朝の勢いが萎んできたが、これで調整入りするかは分からない。過熱感はあるが、経済活動再開という期待材料で上昇し、下がれば買いが入ってくる」(準大手証券)との声が聞かれた。

 業種別では、トヨタ<7203>、日産自<7201>、マツダ<7261>などの輸送用機器株が上昇。住友電工<5802>、フジクラ<5803>などの非鉄金属株や、ブリヂス<5108>、住友ゴム<5110>などのゴム製品株も高い。AGC<5201>、板硝子<5202>などのガラス土石株や、JAL<9201>、ANA<9202>などの空運株も堅調。国際帝石<1605>、石油資源<1662>などの鉱業株や、三菱倉<9301>、上組<9364>などの倉庫運輸関連株も買われた。

 半面、北海電<9509>、北陸電力<9505>などの電気ガス株が軟調。明治HD<2269>、日清食HD<2897>などの食料品株や、王子HD<3861>、北越コーポ<3865>などのパルプ紙株も安い。

 個別では、DLE<3686>、Wスコープ<6619>がストップ高となり、GLM<3486>も一時ストップ高。GMOクラ<3788>、グロバル社<3271>などの上げも目立った。半面、anfac<7035>、Jリース<7187>、レナウン<3606>(整理)、システムソフ<7527>、サインポスト<3996>などの下げが目立った。なお、東証業種別株価指数は全33業種中、28業種が上昇した。

提供:モーニングスター社