youtube fund_beginer fund_search fund_look

国内市況ニュース



日経平均は154円安、構成銘柄では安川電機、エムスリー、京成などが値下がり率上位

2020/07/14 11:04

(08/11 11:30) 現在値
エムスリー 5,760 -20
大平洋金属 1,719 +158
東邦亜鉛 1,740 +83
安川電機 3,670 +125
三井不動産 1,881.5 +111.5

 14日午前11時時点の日経平均株価は前日比154円23銭安の2万2630円51銭。朝方は、13日の米国株式市場でNYダウが急騰後に失速し、ナスダック総合指数が下落した流れを受け、売りが先行した。米カリフォルニア州で、新型コロナウイルスの感染拡大を受け州全域でレストランの屋内営業などを再び禁止し、懸念要因となった。日経平均は前日大幅反発(493円93銭高)した反動で利益確定売りが出やすく、一時2万2593円28銭(前日比191円46銭安)まで下落した。その後の戻りは鈍く、さえない展開となっている。

 日経平均構成銘柄では、安川電機<6506>、エムスリー<2413>、京成<9009>などが値下がり率上位。半面、東邦鉛<5707>、大平金<5541>、三井不<8801>などが値上がり率上位。

提供:モーニングスター社