youtube fund_beginer fund_search fund_look

<新興国eye>トルコ2月CPI、前年比54.44%上昇―市場予想上回る

2022/03/10 10:52

 トルコ統計局が3日発表した2月CPI(消費者物価指数、03年=100)は前年比54.44%上昇と、1月の同48.69%上昇や市場予想の同52.95%上昇を上回り、02年3月(65.11%上昇)以来19年11カ月ぶりの高い伸びとなった。CPI伸び率は20年11月(同14.03%上昇)以降、加速傾向にある。今回の2月CPIは21年7月(同18.95%上昇)以降、9カ月連続の加速となった。

 エネルギー価格の高騰や通貨トルコリラの下落により、インフレが加速した。今後はロシアが仕掛けたウクライナへの軍事侵攻と、それに伴う西側諸国の対ロ経済制裁により、インフレ圧力が一段と高まる見通しだ。

 セクター別の前年比は、運輸が75.75%上昇(1月は68.89%上昇)と、最も高い伸びとなった。次いで、家具・生活用品の64.83%上昇(同54.53%上昇)、食品・清涼飲料水の64.47%上昇(同55.61%上昇)、どのカテゴリーにも入らないその他商品・サービスの55.78%上昇(同43.54%上昇)、ホテル・カフェ・レストランの55.2%上昇(同50.4%上昇)となり、いずれも全体平均(54.44%上昇)を上回った。このほか、住宅(光熱費や修理費)は49.72%上昇(同48.41%上昇)、アルコール飲料・たばこは45.78%上昇(同45.34%上昇)と、1月に比べ加速した。

 全体指数から値動きの激しい食品やエネルギーなどを除いたコアCPI(グループC)も前年比44.05%上昇と、1月の39.45%上昇を大幅に上回っている。

 トルコ中銀は1月27日に発表した最新の四半期インフレ報告書で、22年末時点のインフレ見通しを前回予想時の11.8%上昇から23.2%上昇に、また、23年末時点での見通しも前回予想時の7.0%上昇から8.2%上昇に、いずれも引き上げている。24年末には物価目標の5.0%上昇に収束すると予想している。

 政府が21年9月6日に発表した22−24年の新中期3カ年経済計画では、インフレ率の見通しは21年末時点で16.2%上昇と予想した上で、22年末時点は9.8%上昇、23年末時点は8%上昇、24年末時点は7.6%上昇を予想している。

<関連銘柄>
 上場MSエマ<1681>
提供:モーニングスター社