youtube fund_beginer fund_search fund_look

<EMeye>ブルガリアが来年度予算を閣議決定、財政赤字引き下げで欧州危機の波及回避

2011/11/02 11:43

 ブルガリア政府はこのほど、12年度予算案を閣議決定した。来年度予算案では前提条件となる財政赤字の達成目標を対GDP(国内総生産)比1.35%(11年は同2%の見通し)として、実質GDP成長率は2.9%増(11年は2.8%増の見通し)を見込む。EU(欧州連合)基準消費者物価指数(HICP、消費者物価指数から医療費や持ち家コストなどを除いたEU圏の統一インフレ指標)は来年末時点で2.8%上昇の達成を目指すとしている。

 ジャンコフ財務相は、財政赤字を引き下げることが欧州債務危機の悪影響を防ぐことを可能にすると述べている。歳出規模は対GDP比35.4%相当の290億レフ(約1兆6000億円)、歳入は同35.2%相当の287億レフ(約1兆5800億円)となっている。

 来年の国債発行計画については、外国市場で最大20億レフ(約1100億円)相当の国債を発行し、13年初めに満期が来る国債18億レフ(約990億円)の償還財源に充てるほか、国内では12億レフ(約660億円)の国債を発行する。

 また、政府は月額最低賃金を現在の270レフ(約1万4900円)から290レフ(約1万6000円)に来年4月1日から引き上げることも決めた。

提供:モーニングスター社