ファンドニュース



ソニー銀がインデックスファンドの販売手数料を6月2日から無料化、2ファンドの新規取り扱い開始

2010/05/24 16:33

 ソニー銀行は6月2日から、同社で販売するインデックスファンド13本について販売手数料を無料化すると発表した(購入申し込み日基準)。対象インデックスファンドの販売手数料については、積み立てプラン利用時にも無料となる。また、「HSBCブラジル債券オープン(毎月決算型)」 <2008093006> 、「MHAM豪ドル債券ファンド(毎月決算型)」 <2003020702> の取り扱いを5月24日から開始する(上記2ファンドはインデックスファンドではない)。

 対象インデックスファンドは以下の通り。

「中央三井日本債券インデックスファンド」 <2001012303>
「中央三井外国債券インデックスファンド」 <2001022202>
「STAM 新興国債券インデックス・オープン」 <2008121501>
「インデックスファンド225」 <1986052301>
「中央三井日本株式インデックスファンド」 <2001012302>
「インデックスファンドTSP」 <1986021301>
「中央三井外国株式インデックスファンド」 <2001022201>
「MSCI インデックス・セレクト・ファンド(コクサイ・ポートフォリオ)」 <1997112001>
「中央三井ダウ・ジョーンズ インデックスファンド」 <2009043008>
「STAM 新興国株式インデックス・オープン」 <2008121502>
「香港ハンセン指数ファンド」 <2009081405>
「MHAM J−REITインデックスファンド(毎月決算型)<愛称:ビルオーナー>」 <2003103003>
「世界経済インデックスファンド」 <2009011606>
提供:モーニングスター社